お知らせ

シャント穿刺用に、超音波装置を導入しました

 

透析における穿刺が難しい患者さんの負担を軽減するために、超音波診断装置『LOGIQ e V2』を導入し、エコー下穿刺が行なえるようになりました。従来の超音波診断装置と比べて大幅に小さくなり、ベッドサイドでも使用できるため、スムーズに穿刺が行なえるようになっています。

こちらの機械は、日常的に透析室で使用されています。

2019年08月03日

インスリンについての勉強会が開催されました

 

先日、インスリンについての勉強会が以下の内容で行なわれました。

・糖尿病とは
・糖尿病治療のガイドライン
・インスリン製剤の種類・手技・注意点
・シックデイとは
・GLP-1

現在、人工透析の原因の1位は糖尿病性腎症であり、インスリンを使用する患者さんが増えています。新しい薬も増えてきており、スタッフ一同知識を深め患者さんへの指導・看護に生かせるように、真剣に聞き入っていました

 

2019年07月31日

夏、脳梗塞の季節です

 

FASTチェックで、もしもの時も素早く対処

FASTチェックとは、脳梗塞が疑われる症状を簡単に表す標語です。

これを覚えておくと、とっさのときの判断の助けになるのでおすすめです。

「F」……FACE(フェイス・顔) 顔面麻痺(顔の片側がさがる・ゆがみがある)
「A」……ARM(アーム・腕) 腕の麻痺(片腕に力が入らない)
「S」……SPEECH(スピーチ・話す) 言語障害(言葉が出てこない、ろれつがまわらない)
「T」……TIME(タイム・時間) 発症時間(いつからそうなったか)

 

たとえば、「右手が突然動かしづらくなったけど、数分でおさまった」といったケース、症状が突然あらわれたのでびっくりはしても、数分後には普段と同じように体を動かせたりすると、つい様子見をしようと考えがちです。ですが、このような一過性脳虚血発作の発症後、数ヶ月後に脳梗塞を発症する場合もあれば、数分後~数時間後に発症することもあります。また、脳梗塞は発症後の素早い対処が、その後の症状の緩和や機能回復に影響しますので、脳梗塞が疑われる症状が起こったらすぐに救急車を呼び、病院に搬送してもらいましょう。

また、栃木県から啓発ポスターが出ていますので、そちらもご覧頂ければと思います。

引用元:http://www.kenko-choju.tochigi.jp/contents/page.php?id=58

 

2019年07月30日

透析液水質確保に関する研修に参加してきました

 

6月に開催された日本透析医学会において行なわれた、『透析液水質確保に関する研修』に院長が参加してきました。

透析において水質基準の確保は重要なことで、当院では患者さんに安心して透析を受けて頂くために、透析液の水質管理の研修を4年に一度受けております。

受講証明書は一階の廊下に掲示してあります。

 

2019年07月23日

7月の院内勉強会が開催されました

 

先日、7月の院内勉強会が開催されました。

7月のテーマは当院における医療ガスについての勉強会で、当院で主に使われている酸素についてを中心に、医療ガス設備、分類、取り扱いとハット事例、在宅酸素についての内容でした。

今後とも知識を深め、医療ガスを安全に管理・運用出来るように、日々精進していこうと思います。

勉強会で使用した資料は、以下のリンクよりご覧いただけます。

2019年07月17日

6月の勉強会が開催されました

先日、6月の勉強会が開催されました。

今回は『下肢つり(こむら返り)について』の勉強会でした。下肢つりの原因・対症療法などの内容で、とくに下肢つり改善に有効な改善薬『芍薬甘草湯』についてまとめられていました。

下肢つれを起こさない為にもDWの設定、カルニチンの補充など一人一人の患者さんの原因を探り、対処・指導をしていくこと大切なのだと思いました。

勉強会で使用した資料は以下のリンクよりご覧いただけます。

2019年06月15日

5月の勉強会を開催しました

先日、5月の勉強会が開催されました。

今回は『透析患者とサルコペニアとフレイル』というテーマでの、看護師による勉強会でした。

サルコペニアやフレイルの概要と評価にフォーカスした内容で、透析患者さんの高齢化も進んでおり、今後の評価や食事・運動等の改善対策も取り入れて検討していくと良いと思いました。

勉強会で使われた資料は、以下のリンクよりご覧いただけます。

 

2019年05月25日

4月の勉強会が開催されました

先日4月の勉強会が開催されました。

今回は超音波装置を用いた『シャントエコーとエコー下穿刺』についての発表で、エコー下穿刺がどういうものか、それを踏まえた上での実験の様子など、大変興味深い内容でした。

勉強会で使われた資料は以下のリンクよりご覧いただけます。

2019年04月05日

3月の勉強会が開催されました

先日3月の勉強会が開催されました。

今回のテーマは『看護必要度』について。看護必要度とは何か、その上で透析施設における看護必要度とはいかなるものか等、演者の意見を踏まえながらの内容で、とても分かりやすい勉強会でした。

勉強会で使われた資料は以下のリンクよりご覧いただけます。

2019年04月05日

桜咲きました

春のような冬のような寒暖の激しい日々が続きますが、当院の桜が咲きました。

今週末から週明けには満開になりそうです。

2019年04月03日

2月勉強会

 

今回は『透析で使用されるさまざまな指標について』というテーマでの、臨床工学技士による勉強会でした。

腎機能の指標となるe-GFR、透析量の指標となるKt/V等についての内容で、透析医療に関わる上で、基本となる指標を改めて振り返ることが出来ました。

基本に立ち返り、患者さんにより質の高い医療を提供できるよう、これからも取り組んでまいります。

2019年03月01日

勉強会が開催されました

 

先日、月一回行なっているスタッフ勉強会を開催しました。

今月は院長先生による、『アナフィラキシーについて』の勉強会でした。アナフィラキシーとアナフィラキシーショックの違い、アナフィラキシーの際の対応方法などを勉強しました。透析で使用する抗凝固剤等の薬剤で起こり得ることであり、いつでもすぐに対応できるようにしようと、スタッフ一同熱心に聞き入っていました。

 

以下の画像をクリックして頂くと、勉強会で使用した資料を見ることが出来ます。

 

 

2019年01月19日

感染症に対する勉強会が開催されました。

 

2018年11月17日、『透析室における感染防止対策』をテーマとした勉強会を行ないました。日頃から感染防止には十分に注意し、患者様には安心して透析を受けて頂けるよう意識を持っていましたが、この勉強会で再確認することが出来ました。

透析患者における感染症の多さの要因の考察から始まり、それに対する透析施設としての消毒や手技をはじめとした対策方法、その対策の有用性について等の内容で、これからも勉強会の内容を踏まえ、日々の業務に活かしていきたいと思います。

 

2018年12月06日

駐車場が新しくなりました

 

駐車場が新しくなりました。

それに伴い、区切りが変更していますので、以下の画像を参考に駐車してください。

2018年11月12日

床清掃を行ないました

年に一度の大規模な床清掃が行なわれました。

ベッドがないと、とても広く感じます。そしてこんなに綺麗になりました。

2018年11月10日

外来患者さんへ

ヘモグロビンA1c(HbA1c)、尿中アルブミン/クレアチニン測定装置導入のお知らせ

 

当院では外来受診の際、糖尿病の血糖コントロールの指標であるHbA1cがわずか6分で測定可能となりました。診察中に結果がわかり、迅速な治療が出来るようになりました。
必要な血液量はわずか1μlです。
また、糖尿病性腎症の早期診断に役立つ尿中微量アルブミンの測定も7分、尿量わずか40μlで可能に
なり、診察中に結果がわかり迅速な治療が出来るようになりました。

2018年10月23日

職員募集のお知らせ

患者さんの増加に伴い、職員(看護師・看護補助・医療事務)を募集しています。

詳細は 採用情報 をご確認ください。

2018年10月05日

第40回栃木県透析医学会に参加しました

平成29年9月9日(土)、自治医科大学にて開催された『第40回栃木県透析医学会』に参加しました。

当院からは『末梢動脈疾患(PAD)』のリスク因子とスクリーニング検査の重要性』の演題で発表してきました。

こちら から内容を見ることが出来ます

また透析室前の掲示板に発表内容を掲示してありますので、ご覧ください。

2017年09月12日

健康保険について

受診の際は、必ず健康保険証をお持ちください。
保険証がない場合、自費での診療になりますのでご注意ください。

2017年08月23日